CentOS7.3でWordPressをインストール。

全てyumを使ってインストールする。

WordPressが動く環境を構築

$ sudo yum install httpd php php-mysql php-mbstring mariadb mariadb-server
# mariadbで日本語を扱えるように設定する。
$ sudo vi /etc/my.cnf.d/server.cnf
# [mysqld]の次の行に、次の行を追加。
character-set-server = utf8
# mariadb起動。
$ sudo systemctl start mariadb
# mariadb初期設定。
$ sudo mysql_secure_installation
============ 次のことを聞かれる=============
Enter current password for root (enter for none):
# そのままENTERキーを押す。
Set root password? [Y/n] 
# Yを押して、MariaDBのrootのパスワードを設定する。
Remove anonymous users? [Y/n] 
# Yを押す。
Disallow root login remotely? [Y/n] 
# Yを押す。
Remove test database and access to it? [Y/n] 
# Yを押す。
Reload privilege tables now? [Y/n]
# Yを押す。
============ ここまで =============
# mysqlクライアントを使って接続。
$ mysql -u root -p
# 設定したパスワードを入力。
# データベースを作成。
> CREATE DATABASE wordpress;
# ユーザを作成。
> grant all privileges on wordpress.* to wp_user@localhost identified by 'パスワード';
> exit
# 作成したユーザで接続。
$ mysql -u wp_user -p
# 設定したパスワードを入力。
# 作成したデータベースを確認。
> show databases;
> exit
# mariadbの自動起動をON。
$ sudo systemctl enable mariadb
# httpdの設定。
$ sudo cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.original
# モジュールと、httpd.conf等を設定。(テスト環境ならhttpd.confだけを設定で良いはず)
# httpdの自動起動をON。
$ sudo systemctl enable httpd
# httpdを起動。
$ sudo systemctl start httpd

WordPressのインストール

$ cd ~
$ mkdir WordPress
$ cd WordPress
$ sudo yum install wget
$ wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
$ tar xzvf latest-ja.tar.gz
$ cd wordpress
$ mv wp-config-sample.php wp-config.php
$ vi wp-config.php
# DB関連と認証用ユニークキーを設定。
$ sudo cp -R * /var/www/html
$ cd /var/www/html
$ cd wp-content && sudo mkdir upgrade
$ cd /var/www && sudo chown -R apache html
$ cd /var/www/html
$ sudo vi wp-config.php
# FTPを使わずに更新ができるように設定。
# 次の1行を「編集が必要なのはここまでです」というコメントの次の行に追加した。
define('FS_method', 'direct');

最後に

Webブラウザでhttp://IPアドレスにアクセスして、WordPressを設定する。